不動産担保ローンで資金を得て新たなマイホームを手に入れました

家の老朽化で新たなマイホームを考えていた

家の老朽化で新たなマイホームを考えていた不動産担保ローンの審査に通る不動産担保ローンの利用で新築を建築中

それまで住んでいた家の老朽化が進み当初はリフォームやリノベーションを検討していましたが、最寄の建築会社に理想や要望を伝え、特に妻はキッチン回りを大改修して欲しいと言い出し、相談に乗ってもらったところ思いのほか費用がかかることが分かり、新築も視野に入れて検討しなければならないと考え始めました。
ここで問題となるのが資金の問題で、当初はリフォームかリノベーションを行う方向で検討しており貯金や積み立てを漠然と行っていましたが、新築となれば桁が違ってきます。
理想の住まいをあきらめて、そこそこの中古物件にしようか、あるいは現在の家を修繕しながら暮らすしか方法は無いのかと考えていたところ、資金使途自由の不動産担保ローンの存在を知りました。
現在住んでいる不動産を担保にして融資を受け、その資金でリフォームまたは新たな家を建築する資金に充てるという方法です。
金利も安いもので年率2.5%程度、高いものでも15%程度と比較的低いのも魅力でした。
昨今では必要事項を入力して申請すれば複数の金融機関に送信されて仮審査が行われ、審査合格の回答をした金融機関の中から任意の会社を選んで融資を受けられる便利なサービスもあります。
審査を受けてもキャンセル可能だと言うことで、今回はお試しも兼ねるつもりでそのサービスを利用することにしました。