不動産担保ローンで資金を得て新たなマイホームを手に入れました

不動産担保ローンの審査に通る

家の老朽化で新たなマイホームを考えていた不動産担保ローンの審査に通る不動産担保ローンの利用で新築を建築中

申し込みフォームに入力が終わると、早いところで数十分後、長いところでも2日程度で仮審査に通り融資が可能との連絡が来て驚きました。
築年数が長く、いろいろと傷んでいる物件のため値段が付かなかったり否決される事も覚悟していましたが、申請した全ての金融機関で仮審査に合格しました。
ここからが思案のしどころで、金利は変動金利と固定金利があり、どちらを選択するのがお得なのか判断に困りました。
金融については素人であるだけではなく、未来には何が起こるか予想が付かないため、なかなか結論を出す事ができませんでした。
そして何より、リフォームをするのか、新築をするのかによっても変わってきます。
そんな中でも妻はキッチンの刷新を譲る事は無く、どの選択をしても一定以上の資金が必要である事には変わりありませんでした。
数日間にわたる家族会議が実施され、ここは思いきって新築をしようと言う結論になりました。
恐らく人生最後の大きな買い物で、終の棲家となる場所を作ろうと決意し、不動産担保ローンに申し込むのと同時にお仕事も一生懸命頑張らなければと気持ちを新たにしました。
変動金利と固定金利では、検討した結果固定金利にすることに決めました。
理由の一つは、前述の仮審査に合格したと連絡を受けた不動産担保ローンのうち、固定金利を採用していた金融機関の中に最も安価な金利のサービスがあったことです。

不動産担保ローン不動産担保ローン比較ランキング